イヌと行動! あなたの愛犬と散歩。


真夏の散歩は…。

あなたの可愛いワン…

 散歩に連れて行く時間帯を一緒に考えてみましょ。

大事なことだと獣医さんも話していました。

 真夏の暑い炎天下の時間帯は、アスファルトの地面の温度は かなりの高温になっています。

実際に わたしも裸足になってみましたヨ。 

(;`O´)oぅおおおお足の裏がアッチ〜っ!

そうなんです!

 あなたが考えている以上に地面はアチチなのです。

 ワンの足の裏には肉球が ありますよネ。 

 それはそれは、指で触ってみるとプニュプニュしていて。
柔らかくて感触いいです。

肉球は柔らかくて、滑り止めの役目を持っています。
ですから、毛が生えていません。

 その露出されている肉球が熱いアスファルトにでも触れたら
ヤケドをしてしまうのです。

そうそう、地面からの反射熱も結構な熱さです。 

あなたは気がつかないかもしれませんが。

 ワンが四つ足のため地面に近いので、相当な温度を
からだ全体に浴びているのです。

あなたは、汗をかいて、からだの熱を逃がすことが出来ます。

ワンは体内から熱を逃がすことが出来ません。 

 熱中症になってしまう!

あなたの愛するワン…。 私たち人間も危険な熱中症。

 ワンの炎天下の散歩は危険です!(キッパリ)

お願いします! 炎天下の散歩は控えましょう!


**−**−**−**−**−**−**−**−**−**−**



アンケート


 日本は昔から熱い夏を乗り切るために土用の丑の日≠ノウナギを食べます。

で、韓国では昔から夏の盛りを暦の上で3回にわたる“戌(いぬ)の日”に設定し「ポンナル(伏日)」と称して、

ある動物を食べるようです。

韓国では、何を食べるのでしょうか?分かりますか?

答えはココをクリック!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/65537/


posted by ひでき&サーシャ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の気持ち.犬の行動
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。