老犬ワンが氷点下2.2度の寒さの中

    行方不明の73歳の女性を温め命を救った!
 



 −老犬が行方不明の認知症女性温める 氷点下の屋外で−

 茨城県東海村の認知症の女性(73)が5日朝から行方不明になり、約30時間後に、自宅から約5キロ離れた同県ひたちなか市の公園近くで無事保護されていたことが7日、分かった。

 茨城県警ひたちなか西署によると、発見された女性の傍らには体長約1メートルの老犬が、ぴったりと寄り添っていた。

 女性は、氷点下の屋外で一夜を過ごしたとみられ、同署は「犬の体温で凍死せず助かったのではないか」と話している。

 同署によると、女性は5日午前7時半すぎ、自宅から姿が見えなくなり、同署と消防団が捜索。女性は薄手のセーターにジャンパーの軽装だった。

 6日午後1時ごろ、公園近くの空き地で犬と一緒にいるのを通りかかった男性が見つけ署に連れて行った。

 女性は「全然寒くなかった」と話しているという。

 犬は黒と白のまだら模様で雑種のオス。

 首輪があり、女性は飼い主ではないが、ひざの上に乗るなどよくなついていたという。水戸地方気象台によると、ひたちなか市に隣接する水戸市の5日夜の最低気温は氷点下2.2度だった。


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:**:,


 認知症の女性のワンじゃないのに、年老いたワンが赤の他人の命を救った。

冷たくて寒い世の中で心温まる話。

 でも、あなたっ!

 30時間も警察や家族の人は
  何をやってんだヨ〜!o(`ω´*)o

 ラジオで聴いたけど、茨城県警ひたちなか西署は 
このワンを保護せずに そっとしておくとのこと。

 な、なんで??

 首輪が付いているのに…?保護しないの? ワンの食事は?

 本当は保護して飼い主を見つけろ〜!

ご褒美に 美味しい食事を与えろ〜!!

 いい話なんだけど、心温まるんだけど不思議な話だと感じました。
 

    チョット怒りのサーシャ


posted by ひでき&サーシャ at 17:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | ワン、命を救う!
この記事へのコメント
ほんとだね。なんだか 人間って 寂しい生き物だなって時々 思うことがあるんだ・・・
Posted by oni at 2007年12月09日 11:36
本当にこの話は
愛犬家には符に落ちない事件でした。
Posted by のの at 2007年12月11日 20:27
 oniさん、コメントありがとうございます。

 今回の事件でワンの飼い主は見つかりました。

 この事件が無かったら…新聞に載らなかったら ワンを探さなかったんだろうか?

 女性の家族も…30時間の放置。

 oniさん、自分の家族が10時間でもいないの気づいたら心配で行動すると思よね。 チョット辛いし寂しいね。

  oniさん、oniさんが鬼の心を持っていないのがすばらしい。

 また、oniさんところへ遊びに行くよ〜。
Posted by at 2007年12月11日 22:41
 ののさん、コメントありがとうございます。

 今回の事件は 何とか解決しましたね。
で、ワンの飼い主も 新聞に載ったので分かったらしいです。 新聞に載らなかったら ワンはどうなっていたのかな?老犬なのにね。

 自分の家族が 深夜までに帰宅しなかったら心配するよね。 

まぁ、事件にならないように内密で行動していたかもしれないけど…。

  難しいですね。
Posted by at 2007年12月11日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。