あんたはわたしの何なのヨ〜ワンワン!




 知らず知らずのうちに犯した諸々の罪と 知って犯した諸々の罪。

   罰を受けるのは あなたかそれともワン?…

あなたと愛するワンの  

  あなたと愛するワンの絆にヒビが入らないように

 あなたのワンが人間社会で認められるためには、ワンの習性に合わせるだけではなく、ワンもあなたの生活に合わせるよう、一定のしつけが必要になるわけです。

 ワンは学びます。 あなたもワンと一緒に学びます。
そして、気づきがあります。

 あなたが一方的に世話をして可愛がるだけじゃなく、ワンからも目に見えない何か大切なものを与えてもらっています。

あなたとワン…

 日常生活で共生するためには、「しつけ」が大切です。
トレーニングです。 あなたの勇気です。

愛するワンのことを思うなら行動しましょう。


あなたに服従するから リラックスさせてー!
           身体を触ってヨ〜!




今現在、愛するワンと生活をしているあなた、

 これからワンと一緒に生活したいと願っているあなた。

 トレーニングは、何度も何度も繰り返すことです。
一緒に学びましょう!

 ワンにものを教えるための重要ポイントは何と言っても「信頼関係」です。d(゜ο゜) 


信頼関係を保つためには、

毎日手入れをして、リラックスさせワンの体のどこを触られてもいい様にする。

実は ↑ が重要なんです。

 ワンをひっくり返してワンのお腹や首、耳の中などを触ることできますか?

これが出来ないと×です。


。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。☆。.:・'゜☆。.:*:・'゜★。.:*:・'゜  

 


 ワンが おとなしくしているときは 声をかけてあげましょう。
ワンは あなたに声をかけてもらいたのです。


声をかけられるというのは ほめてもらえる≠ニ思っています。

遊んでくれるのかナ?≠ニ考えています。


image4209.gif ワンワン!吠えまくっているときや じたばたしているワンへ何を言って聞かせてもあなたの言葉なんか聴いていません。

 ワンワン ギャーギャー やっているワンに対して

 あなたが「あ〜でもない!こーでもない!。」って
何を言ってもムダです。 ムダなんですヨ!(´□`)!!


   


 ワンに聴く耳を持たせるためには ワンの身体の動きが止まっているとき以外は聴きません。

ワンに聴く耳を持ってもらうためには どうしたらいいでしょうか?


 それは、「服従」させることなんです。
あなたのワンには しっかりとしたリーダーが必要なのです。
リーダーって あなたのことです。

 あなたと暮らすようになったワン。 あなたのワンは、頼れるリーダーに従うことで 安心するし。
心を許せるのです。

 それだけじゃありません。あなたを守ろうと行動します。

 リーダーである あなたのもとで一生暮らしたい、
側にいたいと願っています。


 その為には…

信頼関係をしっかりと築き上げます。

毎日手入れをして、リラックスさせワンの体のどこを触られてもいい様にする。 ことが

大事なのです。
@あなたの愛するワンの好物のおやつを持ちます。

 持ち方は、親指と人差し指でつまむ。
 「OK」サインのように手のひらを ワンに向ける。


Aワンの鼻先に おやつを ゆっくりと近づけます。
   あなたの手のひらをワンに向け、動きに注目させます。

(ワンは、手のひらを見ていません。
      おやつが気になっています。)


Bその手を、ワンが仰ぎ見るように頭の方へ移動させます。

 ワン、おやつにつられて自然とお尻をペタンと床につけます。

  同時に「よし!よし!」としっかりと ほめてくださいね。

そして、好物の おやつを与えます。(p'∀ ^q*)  



 ワンが手の動きにスムーズに動けるになるように何度か練習してください。

@、A、Bを繰り返しです。



・なかなか坐ろうとしない場合は、
「お・す・わ・り!」と言いいながら お尻を押して坐らせます。

・ワンが飽きてきたと感じたらレッスンは終了してください。

  「ヨシッ!」と 声を かけてリリースです。

   愛するワンを解放してください。


 *:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:

02gif-3sonota03.gif


−次 の 練 習− おやつナシで!



今度は、「お・す・わ・り」といいながら、

 

 親指と人差し指でOKサインを作る。

  手のひらをワンに向ける。



@ワンの鼻先に あなたの手のひらをワンに向け、

 その手を、ワンが仰ぎ見るように頭の方へ。

  「おすわり」の姿勢を誘導させます。



 ワン、「おやつあるのかな〜?」と思いつつ お尻をペタン。



・なかなか坐ろうとしない場合は、「オ・ス・ワ・リ!」と言いいながら お尻を押して坐らせます。

 同時に「よし!よし!」としっかりと ほめる。


 数回繰り返してください。 何回も繰り返してください。


 何度か繰り返しているうちに あなたが おやつを持っていないことに腹が立ちます。(≧艸≦*)ププッ

                  
 おすわりを拒否しだしたら おやつをあげましょうね。



※ワンが飽きてきたと感じたらレッスンは終了してください。

A「ヨシッ!」と声をかけてリリースです。

   愛するワンを解放してください。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:



慣れてきたら…



 あなたの手のひらをワンに向け「おすわり!」と指示をだします。 

ワンは、お尻を地に落とす。

5秒間 

「よし!よし!。偉いよ!。」と ほめながら ごほうびの おやつを与えます。



おやつを与える前に立ち上がったら 

もう一度、「おすわりっ!」



  これの繰り返しです。 



  ワンが飽きてきたら トレーニング終了です。



 愛するワンと 遊びながら 一緒に 学びましょう。

そして、ワンを観察してください。 何かを気づいてください。



 慣れてきたら、 自然な形で 毎日、

 「お・す・わ・り!」とトレーニングですヨ。





●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●



おすわりが ある程度できるようになったら。



 おすわりをさせたまま(ワンを 落ち着かせ)リードをつけてください。

おとなしく リードをつけさせたなら しっかりと「よし!よし!いい子!」とほめて おやつですヨ!

 その時、ワンは おすわりのままです。
おすわりをさせたままです。

あなたは、リードをもったまま玄関へ。

 ワンが立ち上がったら「お・す・わ・り」と叱ります。



5秒間坐らせてください。



 ワンが、立ち上がろうとしたら
「お・す・わ・り」と叱ります。

 5秒間の間 おすわりできたら待ちに待った散歩時間になります。 



 あなたのワン、いずれはしっかりと おすわりが出来て落ち着くようになります。

 玄関前で しっかりと おすわりが出来るように訓練しましょう。



posted by ひでき&サーシャ at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ワンの習性.しつけ.トレーニング
この記事へのコメント
思い出したよ
うちの アトム君の前の子は
ほんとに うちを 守ってくれた
うちの上に乗って 悪い奴を
威嚇してた すごかった
天国のジジ ありがとう 
Posted by oni at 2007年11月19日 08:29
こんばんは。
我が愛犬モカは家に来て3ヶ月ちょっとたちます。
確かに最初は仰向けや耳を障ると歯を剥かれ、噛まれました。
根気よく毎日散歩後のお手入れをしているうちに今ではうとうとするようになりました♪

>おすわりをさせたまま(ワンを 落ち着かせ)リードをつけてください。
このブログを読んでからやっています。
なかなか上手くいってます。

これからもず〜っと信頼関係を保てるようにしたいです♪





Posted by スロ子 at 2007年11月20日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。