大変だぁ!イヌもアトピーになる?何で?

イヌの病気

 愛犬に愛情をいっぱい捧げたい!

ひできです。

 サーシャは怒っています!爆弾

 日中の出来事。車窓から見たモノは…。

イヌの散歩途中の人を見つけて…
腹を立てていました。

 イヌを連れた人達に出くわし、その度に怒っていたようです。

 その話を聞いたわたしは、もうチョット飼い主さんたちに考えて欲しいと願っています。

サーシャは車中から何を見て怒ったのでしょうか?

 続きは後ほど…。

*:'¨'犬の病気:*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*

イヌの病気で最近気になる事があります。
アレルギー皮膚炎です。

 最近特に増えているとのこと。

 あなたの愛犬は大丈夫でしょうか?

 原因は風通しの悪い家の中で飼われている環境らしいです。
わたしたち人間と同じく寄生虫や感染病が減ったことで、
免疫力が過剰反応しているとの見方です。

イヌのアレルギー皮膚炎には、2種類のタイプがあるとのこと。

 一つには、餌に原因。二つ目はダニの死骸や花粉が原因。

 で、気になる症状は、
耳や、足の指の間、お腹がかなり症状が表れる。

 飼い主がイヌの行動で気が付くのです。
夜中に激しく体をかく。かなりかゆいと思います。

 耳には、特にアレルギー皮膚炎が表れやすいという。
耳が赤くなり、かゆみが出るなどの耳炎症状。

・〜・犬の病気〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

犬の病気、アレルギー性の耳炎には…

 抗ヒスタミン薬やステロイド剤でかゆみを抑える。
抗生剤などで細菌を取る。

餌が原因と判断されると…

治療用の低アレルゲン食に変えてもらう。

餌を変えることによって治まる。
6割程度という高い数字が出ているようです。

 改善が思わしくない場合、アレルギーの根元となっている
異物(アレルゲン)を少しずつ体内に入れ、免疫が過剰に反応しないようにする特別な治療法。

 これを「減感作療法」といいます。
この減感作療法を行う場合は…

 治療期間は1年ぐらい。1ヶ月の入院が必要となります。
減感作療法を行っても効果が出なかったり、途中でやめたりするケースもあるという。

 このアレルギー皮膚炎を防ぐポイントは、何と言っても人と同様に、規則正しい生活と食生活、適度な運動という。


売ウイクリー 2007.8.12
発行所 読売新聞東京本社
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 あなたのワンはどうでしょうか?
現在アレルギー皮膚炎で お悩みのあなた。

もう、犬の病気のアレルギー皮膚炎治ったヨ!ってあなた。

 犬の病気、アレルギー皮膚炎で悩んでいる飼い主のために
ご意見を お聞かせ下さい。

 きっと、あなたの意見を待っている
飼い主さんがいます。

「減感作療法」を行っても効果無かったってあなたへ
あなたは 現在どのようにしていますか?
あなたの意見も お聞きしたいです。

右側にあるリンク集の
「あなたの ご意見、ワンの食事レシピ」へどうぞ。

。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。ε=(≧m≦)サーシャは怒っています!

体調が少し良くなりした。
ワンの散歩だけは具合が悪くても毎日ドックランに連れて行っていました。

 今日は比較的涼しかった様な気がしましたが昨日その前と暑かったような気がします。

 いつも思っている事だったのですがワンを昼間の暑いときや夕方の暑いとき散歩させている方いますよね。
 あれ絶対やめてほしい飼い主さん「あなたが素足でアスファルトの上を歩いてごらんなさい」どれだけ熱いか

 ワンは体こうだって人より低いのです!暑さがどれだけ辛いか考えた事はあるのでしょうか?本当に止めてほしい夏場の暑い時の散歩は日が落ちてアスファルトが冷えているのを確認してからいってほしい きっとワンは思っているはず「お散歩は嬉しいけれど暑いよう・・・」って思っているはずです熱中症の原因にもなります! やめてほしい怒っているのは私だけでしょうか・・・そんなワンを見ると悲しくなります。
 

 飼い主達は平気で炎天下中でも自分の都合で愛犬を連れ出しているのでした。

 やはり、ワン達辛いと思う。
 足をヤケドさせてしまいます。身体中が熱い。
危険ですね。

 植物の水やりだって早朝や夕方です。日が落ちたときがいいです。

 日が照っている時間帯に水を与えると お湯を浴びせてる感じです。植物はヤケドするかも。

 あなたは何時頃散歩に連れ出していますか?
サーシャは、夜間にドッグランへ連れて行っているようです。

飼い主さん!散歩時間を考えてみませんか!



タグ:犬の病気
posted by ひでき&サーシャ at 20:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 犬のアトピー.皮膚病
この記事へのコメント
はじめまして。
アトピーの記事を拝見し、コメントさせて頂きました。

うちのは、とんでもなく、ひどいアトピーでしたが、
見事、脱ステロイドで来ました!
今では、すっかりお肌が、きれいになりました。

体験記を書いておりますので、
ぜひ、見て頂けるとうれしいです!
http://ameblo.jp/healthy-wanko/entry-10790927367.html
Posted by カブ at 2012年08月17日 17:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。